• ファームグランピング京都天橋立で冬グランピング!
      ふたりの仲がぐっと深まる薪グランピングプランを体験♪

冬にぴったりな薪ストーブを使った調理を体験できるファームグランピング京都天橋立の「地グルメ薪グランピングプラン~農園と自然の香り」を大学生カップルが体験!ふたりの距離がぐっと縮まるようなステキな冬グランピングになりました。

  • ステップ 1

    準備:薪ストーブをつける

    冬グランピングの主役は、テント併設のBBQコーナーに設置された薪ストーブ。「海外の映画やドラマで見たことがあるストーブ!」と、いきなりテンションが上がるふたり。薪ストーブは庫内の温度が上がるまで30~40分ほどかかるので、まずは火起こしにチャレンジです。

    備え付けの着火剤を庫内に置いたら、薪を4段ほど組んでいきます。点火できるよう手前に空間を作っておくのがポイントです。 あとは火をつけて、薪が燃え始めたらストーブのふたを閉めるだけでOK。「思っていたよりも簡単!」とふたりともビックリしていました。

    • 最初に燃えやすい細い木を組んでから、太い薪を組んでいくのがポイント♪
    • 着火剤に点火。「熱いと思うから、オレがやるよ!」と率先して動く彼が頼もしい!
    • こまめにストーブ内をチェックして、薪を追加しておくと燃焼温度を維持できます。
    • 薪ストーブと同時に、BBQグリルに火をつけてカレー用のダッチオーブンを温めておくと更に調理がスムーズに!
  • サムネイルをクリックタップタップすると拡大画像が表示されます。

    • 最初に燃えやすい細い木を組んでから、太い薪を組んでいくのがポイント♪
    • 着火剤に点火。「熱いと思うから、オレがやるよ!」と率先して動く彼が頼もしい!
    • こまめにストーブ内をチェックして、薪を追加しておくと燃焼温度を維持できます。
    • 薪ストーブと同時に、BBQグリルに火をつけてカレー用のダッチオーブンを温めておくと更に調理がスムーズに!
  • ステップ 2

    地元野菜やお米を洗って、下準備

    薪ストーブに火をつけたら、すぐに調理ができるように下準備を進めていきます。農園野菜はきれいに洗った後、アルミホイルで包みましょう。

    お米は研いで鍋に移し、水に浸しておきます。お米は2人前で1合用意されているので、付属の計量カップ1杯半ほどお水を加えるとちょうど良い量になります。※お米は人数分用意されています。お米の量に合わせて適宜水の量を増減してください

    • 野菜は切らずに丸ごと使うので、泥や汚れをしっかり洗い流しましょう。
    • 彼女のお米を洗う手際の良さに彼から思わず「うまい……!」の声が。
    • 農園野菜をホイルで包む作業は仲良くふたりで♪
  • サムネイルをクリックタップタップすると拡大画像が表示されます。

    • 野菜は切らずに丸ごと使うので、泥や汚れをしっかり洗い流しましょう。
    • 彼女のお米を洗う手際の良さに彼から思わず「うまい……!」の声が。
    • 農園野菜をホイルで包む作業は仲良くふたりで♪
  • ステップ 3

    調理開始:カレーを作る

    BBQグリルの上にのせて事前にあたためておいたダッチオーブンで、豚肉、野菜の順に炒めていきます。焦げ付かないように気を付けながら、しっかりと火を通していきましょう。

    玉ねぎがしんなりしたら、カップ3~4杯の水を入れて具材がやわらかくなるまで煮込みます。ルーを溶かし入れたら、ほどよいとろみ加減になるまであとは待つだけ!

    • カレー作りは、頼れるアウトドア男子の腕の見せどころ!
    • カレーのとろみ具合に合わせて、水の量はお好みで調整します。
    • ダッチオーブンは高温になるので、調理時にはグローブを着用しましょう。
  • サムネイルをクリックタップタップすると拡大画像が表示されます。

    • カレー作りは、頼れるアウトドア男子の腕の見せどころ!
    • カレーのとろみ具合に合わせて、水の量はお好みで調整します。
    • ダッチオーブンは高温になるので、調理時にはグローブを着用しましょう。
  • ステップ 4

    鍋に入れたお米と、アルミホイルで包んだ農園野菜を薪ストーブへ

    カレーを調理しながら、薪ストーブの温度が上がったかをチェック。ストーブに手をかざして、しっかりとした温かさを感じたら、調理OKのサインです。
    お米を入れた鍋はふたをして、薪ストーブの上に40分程度おいておけば炊き上がります。 アルミホイルで包んだ野菜は、燃えさかる薪ストーブの中へ。30~40分ほどで火が通るので、しばらくそのままにしておきます。

    • 取り出しやすいように、組んだ薪の上に並べていきます。
    • 「あ!ジャガイモが転がって、薪の奥に!」と苦笑い。こんなアクシデントも楽しい♪
    • 薪ストーブの上に置いたお鍋からごはんの炊けるおいしそうな香りが漂ってきます。
  • サムネイルをクリックタップタップすると拡大画像が表示されます。

    • 取り出しやすいように、組んだ薪の上に並べていきます。
    • 「あ!ジャガイモが転がって、薪の奥に!」と苦笑い。こんなアクシデントも楽しい♪
    • 薪ストーブの上に置いたお鍋からごはんの炊けるおいしそうな香りが漂ってきます。
  • ステップ 5

    ローストビーフと鶏肉を調理

    カレーの煮込み具合を見ながら、BBQグリルでローストビーフと鶏肉を調理していきます。といっても、ローストビーフも鶏肉も半調理された状態なので、やることは至って簡単。

    ローストビーフは、付属のフライパンの上で5~7分ほど温めるだけ。加熱後すぐにカットすると肉汁が流れ出てしまうので、いったん冷ましてから切ってください。肉汁をたっぷり含んだやわらかなローストビーフに仕上がります。 鶏肉は、表面に焼き目をつける程度でOK。お好みで、少量の藁に火をつけ、薪ストーブの中で30秒ほど炙って仕上げに香りづけするのもおすすめです。

    • 「軽く温めるだけでローストビーフができるなんてすごい!」とふたり。
    • しっかり冷ますと肉汁を閉じ込めることができるのでジューシーに仕上がります♪
    • 調理中にできたてのローストビーフをつまみ食いし合うシーンも!
    • 同時進行での調理は、2人のコンビネーションが試されます!
  • サムネイルをクリックタップタップすると拡大画像が表示されます。

    • 「軽く温めるだけでローストビーフができるなんてすごい!」とふたり。
    • しっかり冷ますと肉汁を閉じ込めることができるのでジューシーに仕上がります♪
    • 調理中にできたてのローストビーフをつまみ食いし合うシーンも!
    • 同時進行での調理は、2人のコンビネーションが試されます!
  • ステップ 6

    農園野菜のホイル焼きを薪ストーブから取り出す

    BBQグリルでの調理がひと段落したら、農園野菜のホイル焼きの出来具合をチェックします。アルミホイルが焦げて茶色になったらちょうど食べごろ。薪ストーブから取り出して、しばらくお皿に置いて冷ましましょう。

    • 奥に転がり落ちてしまっていたじゃがいもも忘れずしっかり回収!
    • アルミホイルを剥いていくと、食欲を誘う野菜のいい香りが♪
    • ほくほくのじゃがいもにはバターをはさみ、じゃがバターにしていただきます
  • サムネイルをクリックタップタップすると拡大画像が表示されます。

    • 奥に転がり落ちてしまっていたじゃがいもも忘れずしっかり回収!
    • アルミホイルを剥いていくと、食欲を誘う野菜のいい香りが♪
    • ほくほくのじゃがいもにはバターをはさみ、じゃがバターにしていただきます
  • ステップ 7

    薪ストーブで、ブリを藁焼きにする

    生でも食べられる新鮮なブリを金串で刺し、薪ストーブの中へ。ブリの下に藁を差し入れて燃やし、香りづけしていきます。藁はすぐに燃えるので、ストーブ内の火に近づけ過ぎないよう注意しましょう。

    • 金串に刺したブリの切り身を薪ストーブの中に入れて藁焼きにします。
    • 「藁が思った以上に燃える~!」とはしゃぐふたり♪
    • 両面に焼き色がつくよう、裏表をサッと炙るのがおいしく仕上げるコツ。
    • 刺身にできるほど新鮮なブリを使った香ばしい藁焼きが完成しました!
  • サムネイルをクリックタップタップすると拡大画像が表示されます。

    • 金串に刺したブリの切り身を薪ストーブの中に入れて藁焼きにします。
    • 「藁が思った以上に燃える~!」とはしゃぐふたり♪
    • 両面に焼き色がつくよう、裏表をサッと炙るのがおいしく仕上げるコツ。
    • 刺身にできるほど新鮮なブリを使った香ばしい藁焼きが完成しました!
  • ステップ 8

    ピザを焼く

    ふたを閉めて温めておいたBBQグリルの庫内が210~230℃になったら適温。最後に、ピザ生地にソースを塗ってチーズをのせたら、ピザをホイルごとグリルの上に置き、ふたをクローズしてBBQグリルで焼いていきます。そのまま5分ほど置くと完成します。

    • 「トマトソースは私が」「じゃあ、盛り付けは僕が!」と調理が進むごとにふたりの親密度もアップ♪
    • 具材をのせたピザは落とさないように気をつけて、ホイルごとグリルにのせます。
    • ピザが焼けるのを待つ間に、できあがった料理の盛り付けをしていきます。
    • 生地が膨らんで、チーズがとろ~り溶けたらマルゲリータピザのできあがり!
  • サムネイルをクリックタップタップすると拡大画像が表示されます。

    • 「トマトソースは私が」「じゃあ、盛り付けは僕が!」と調理が進むごとにふたりの親密度もアップ♪
    • 具材をのせたピザは落とさないように気をつけて、ホイルごとグリルにのせます。
    • ピザが焼けるのを待つ間に、できあがった料理の盛り付けをしていきます。
    • 生地が膨らんで、チーズがとろ~り溶けたらマルゲリータピザのできあがり!
  • ステップ 9

    完成!

    調理し終えた食材を並び終えたら、早速「いただきます!」
    薪ストーブでじっくりゆっくり調理した野菜や魚には素材の旨みがぎゅっと凝縮されており、ひと口食べるごとにおいしさが口の中に広がります。こだわりの調味料、燻製塩や燻製醤油も、素材のおいしさをより引き出してくれます。 一緒に作った料理のおいしさに感動しきりのふたりでした!

    • じっくり煮込んだカレーにも野菜の旨みがギュッと詰まっています!
    • 薪グランピングプランのお料理は、色鮮やかで、食欲をそそります!
    • ふたりで協力して作ったことも、おいしさのスパイスになりました♪
  • サムネイルをクリックタップタップすると拡大画像が表示されます。

    • じっくり煮込んだカレーにも野菜の旨みがギュッと詰まっています!
    • 薪グランピングプランのお料理は、色鮮やかで、食欲をそそります!
    • ふたりで協力して作ったことも、おいしさのスパイスになりました♪
  • 冬グランピングは、
    ファームグランピング京都天橋立の
    「薪グランピング」で決まり!

    薪グランピングは、薪ストーブとBBQグリルを使ってじっくりゆっくり調理するので、おしゃべりしながら調理自体もアクティビティー感覚で楽しむことができます。また、協力して調理することでふたりの距離も一段と縮まりそう!

    「グランピングは夏のイメージだったけど、冬グランピングも楽しいですね。心も体もほっこりしました♪」と笑顔のふたり。 食後にCooking Terrace“FUN”からきらめく夜空を眺めるふたりの姿は、来たときよりもぐっと仲が深まっているように見えました。

グループ施設Our Group